北海道珍道中 総括1

北海道から戻って…もうすぐ4週間。
運転に明け暮れた楽しかった思い出を…忘れぬためにまとめてみよう。

今回の目的は…かもめの持つJALマイレージバンクのマイルが今年末で大量に消えてしまうので、その消費を狙ったものであった。
んで、日本全国津々浦々、どこに行こう…と思ったときに…心に訴える声が「北の大地を目指せ」と…。(実は北海道に行きたかった母親の声であった

んで、試しに北海道の情報誌を買って…パラパラ見てたら「知床」が目にとまった。
何も考えずに「知床」を目指す旅、決定。

JALマイレージバンクには…「おともでマイル」というサービスがある。
マイレージ会員は10,000マイル、その随伴者は最大12,300円(片道)で日本全国に飛べるのだ。
しかも随伴者は3人まで、つまり会員を含めて4人まで一緒に飛んで行ける。
たまには親孝行もせにゃいかんだろうと、母親を誘ってみた。

そして…いつの間にかオバサン3人集まっていた。(道の駅めぐりの面々)

ふぅ…。
んじゃ、旅行はいつにするか…と考えてたら、おともでマイルには利用可能な期間がある。
ということで、9月末くらいしかないな。ちょうど期末考査中だし…いいかな。

さっそく教頭に申し出る。即OK。
その代わり…しっかり仕事を片付けることと、釘を刺された。

えーと…北海道行きの話をした後から…妙に仕事量が増えたのは気のせいですかね?

寝る時間を短縮しながら…ストレス解消にSealにin。
ニンニン辺り…一番被害をこうむったんじゃなかろうか?
そのうち焼酎をあげよう。忘れて!

そして旅行期日も迫り…具体的な計画を…と思ったが、仕事に塗れ、その時間がねぇ。
まぁ…行き先は決まってるし、何とかなるだろう…と、適当にレンタカー、宿を予約。

そして待ちに待った9月27日。
10時35分福岡発新千歳行きJAL3511便搭乗開始。
c0060076_16404555.jpg




c0060076_16421011.jpg

なぜか搭乗する飛行機は…"Reso'cha"仕様で…これって某氏からの指摘によると日本⇔ハワイを行き来する国際線仕様機らしい。
その割には…ウィングレット付いてなかったよ?
飛行機の予約時には普通席だったけど、チェックイン時にクラスJが空いてたので、そっちに移動。
うんうん、国際線仕様機ってことで…当然「エグゼクティブクラス」であるわけで…福岡→千歳間を優雅に、そしてゆったりと過ごすことが出来ましたよ。
具体的には…ジュース3杯貰って…お菓子2個貰って…あと熟睡。(仕事明けで疲れてます

さてさて、2時間ちょっとかかって新千歳空港到着。
ここからは東京都在住の伯母がPTに入ってくるので、オバハンたちにそれを任せ、私はレンタカーの受け取りに。
c0060076_16443861.jpg

いやぁ…新千歳空港って広いねぇ。レンタカーコーナーの場所が分かんなくて、一時的とはいえ…迷子になりかけた。
そういう意味では…福岡空港ってこじんまりまとまっていて、しかも中心から近いから便利ですな。
そうこうしつつ、レンタカーコーナーに到着。
トヨタレンタリース新札幌「すずらん」店
ここから営業所まで連れて行ってくれるらしいが…ま、案内されるがままバスに乗る。

…あ~、ここが営業所なのね。
飛行機が着陸する前に見えた…広大な中古車展示場だと思ったそこが、レンタカー屋さんが密集してるだけだったなんて…。
どう見ても…上空からだと中古車販売店にしか見えなかったわけですが。北海道…スケールが違いすぎるぜ。
変なところに感心しつつ、さくさく借りて空港に戻る…。

…が、伯母を待っているはずの親に連絡が取れない。
「おかけになった電話番号は、現在、電波の届かない場所に居られるか、電源が入っていないため掛かりません」
…つ、使えない。
一般車の乗り降りレーンでしばらく待っていたが、あまりにお粗末なので…降りていこうとしたら…駐車場係のおじさんに止められる。
「降りるなら、駐車場に止めてね」
そうか…福岡だと許されるんだが…ここは北海道。 駐車場............λ トボトボ

んで、到着ロビーを探して三千里。
迷子になりかけながら…何とかオバハンたちと合流。同時に伯母到着。
羽田発の飛行機が…20分遅れだったらしい。理由は…チェックインした人が迷子になってたとか。
まぁ…前回、同じようなことをしている身なので…何も言うまい。

これで一同揃ったので、移動開始。
まずはお昼ご飯だねぇ…なんて言いながら、車を走らせる。
当然、今夜の宿泊地である「阿寒湖畔」を目指しながらなわけだが…カーナビ様にお伺いすると…近くに飲食店がない。
全員に目視確認を言い渡しつつ…気がつくと「千歳東I.C.」だった。
入り口そばに看板発見。直進すれば…お蕎麦屋さんがあるのか。
そういえば…北海道のテレビ番組で…意外なことに北海道の名物として「おそば」が挙げられていたな。
ということで、昼食はおそばに決定。車を走らせる。
うん…甘かった。すぐそこって書いてあったから…すぐそこだと思ったよ。
目的地は…3kmほど先だった。5人でそばを頼むと…「すいません、いまそば玉が4つしかないんですよ」とのこと。
そば打ちからスタート。30分待つ。なんと言ってもそばは「三たて」だ。
長野で食ったそばほどではなかったが…結構美味しかった。

むしろ…ちょっとした農園があったんだけど、そっちが面白くて…時間を忘れてた。
c0060076_13244837.jpg

ということで、そばを食って気がつくと…PM3時。
宿の予約時間…PM7時。
慌てて出発。千歳東I.C.から道東自動車道をひた走r…あれ?夕張で終わり?
夕張から国道274号線で…山道を走るが…これ、本当に山道か?
車高の高いワゴン車で…70~80km/hで普通に曲がって走れる山道って…意外なところでカルチャーショック。
途中、道の駅「樹海ロード日高」でトイレ休憩しつつ、私ひとり「ラ・フランスソフトクリーム」を食べる。洋ナシのソフトクリームだ。北海道、何食ってもうまい。
道の駅情報で色々と確認してみると…こっから先が山道本番だったのか。
その名も「日勝峠」 そういえば…情報誌にも3番目に高い峠(1022m)ってなってたなぁ。
実際に通って見ると…やっぱり道幅が広くて…すんなり通れた。
まぁ…途中、日が沈み、さらに天候が悪化して、すごい霧に見舞われて、10m先の前の車も見えなくなりかけてましたが。
しばらく走って、無事峠越え完了。

十勝清水I.C.より、再び道東自動車道。
時間があれば…帯広の豚丼が食べてみたかった…。(心残り
時間があれば…池田のワイン城に行きたかった…。(心残り
まぁ…そのうちリベンジしてみよう。
途中、高速の壁際に…キツネとシカを発見。
本別ジャンクションで足寄I.C.方面へ。国道242号線を経由し、国道241号線、国道240号線と乗り継いでようやく阿寒湖はn…きゃー、シカが、シカが…。
2度ほどシカにぶつかりかけた…というか、2回目はぶつかっている。
まぁ…ブレーキが間に合ったので、押した程度だと思うけど。車は無傷でした。
たぶん、シカも無傷。
ついつい…ヒトには言えないような速度で走ってしまいがちになるので、北海道の道は危険だと思います。

んで、なんとか阿寒湖畔の阿寒湖温泉に到着。時間は7時半。
驚異的なスピードですな。約300kmの行程を休憩3回挿みつつ…4時間ちょい。
一泊目は「ホテル山水荘」 ここのジンギスカン食べ放題プランで泊まってみた。
ていうか、食事の内容から…食べ放題のジンギスカン要らなかったよね。すごい数の小鉢だけで十分だよね。ジンギスカンの御代わりをすることなく…夕食終了。げふーっ満腹。
しばらく休憩した後に…アイヌコタン見学に。びよんびよんびよん。(感想)

ちと狭いけど、温泉に入りつつ、一日の疲れを癒す。
でも…泊まってる客も大勢居ないので、独り占め。もちろん泳ぐ。(狭いのはかもめの体型故
こうして…一日も更けてゆく。
と思ったら、夜中、テレビ見てたら…「水曜どうでしょう」やってた。再放送だけど…生で見れて感動。


二日目

前日の天気予報どおりに…雨。
…というか、嵐?台風?
とにかく荒れた天気。ちと残念。

一方、朝からちょっと…豪華なご飯で…とても幸せな気分。
新いくらのしょうゆ漬けで…いくら丼。ほかにも…10品以上で…ご飯てんこ盛り。
朝から満腹中枢を刺激されまくり、もう寝てもいいんじゃないの?と思わんばかり。

朝9時…転寝したい気持ちを抑えて…出発。
まずは阿寒湖を…と思ったが、荒天のため観光船が欠航。

まーとりあえず「阿寒湖畔エコミュージアムセンター」にでも行ってみるべ~ってことで。
c0060076_1557986.jpg

c0060076_15555086.jpg

阿寒湖付近の生態調査から、名物のマリモの成長、世界のマリモの研究を堪能してきました。
c0060076_15592328.jpg

c0060076_161233.jpg

最後にマリモのキーホルダーを買って出る。ちなみに入館料はなし。駐車場代が410円。

それから…今夜の宿泊地はサロマ湖なんだが、いまから目指していくと昼過ぎには着いてしまう。
ということで、なんか見に行こうということで、なぜか「国後島」を見物に羅臼の道の駅へ。
国道241号線を東へ東へ。途中、道の駅「摩周温泉」でトイレ休憩。
ここって…地元産業展示館としては全国でもトップクラスに小さいんじゃないかな?
とにかく…建物が小さい。
c0060076_1684165.jpg

…が、ここで働いているお姉さんは…大きかった。
摩周温泉から国道243号線、国道272号線を経由し、海に出てから国道244号線を走る。
さらに国道335号線に乗り換えて…目指す羅臼はもうすぐだー。
って、ところでトイレ休憩。
5分ほど走って道の駅「知床らうす」に到着。
すげー雨、すげー風。助手席のオバサン…車のドアが開けられなくて、降りれないくらいの風。

そんな天候が回復しないまま…展望台にあがってみた。
c0060076_16201584.jpg

晴れてれば、国後島がたった4km先に見える。
そうか…こんなに近いものだったんだねぇ。福岡にも何箇所か「北方領土は日本の国土です」なんていう看板があるけど、ようやく身近に思えた。
昆布なんかを買って、時計を見ると…ちょうどお昼時。
なにか食べていこうと思って、食堂を見る。満席。
外に何かないかなぁ…と思って外を見る。暴風雨。
昆布買った店のおじさんに話しかけると…岬方面にちょっと行った所に変わったラーメン屋があるらしい。
んじゃ、行ってみよう。

また、だまされた。ちょっと…って、23km先ですか?
北海道人の感覚が…理解できん。
途中、海岸線の道路を走るため、何度か高波を浴びつつ…着いた先にお店はあった。
目の前で営業を終え、シャッターを閉めるところを…。
店主が両手を交差させて「×」って言ってる。

…また23km走って羅臼着。カーナビ様にお伺いする。
道の駅前の漁港にたくさんあるじゃん、飲食店。
ということで、焼肉の松尾さんに入店。
焼肉以外のメニューが…充実してるねぇ。
ということで、かもめさんは「ほっけ定食」、ほかは「かにラーメン」、「いくら丼」など。
c0060076_1635314.jpg

ほっけ定食
オバサンから食べきれないかにラーメン回ってきた。塩ラーメンにタラバ蟹が…半身分入ってる。
超満腹なれど、気分は「ヘンデルとグレーテル」。いつか食われそうだ。

昼食後、国道334号線(通称:知床横断道路)で半島裏側を目指す。
参考にしている情報誌には…「知床峠の雄大な景観」ってあったんだけど…生憎の荒天。
うん、実は霧で10m先が見えてない。
とりあえず…峠頂上で一休みしたけど…誰も車から降りなかった。
c0060076_959355.jpg

本来は…こんな景色らしい。(出典:wiki)
少々残念だが、頂上から出発。下りは斜里町。山道らしい下り坂。
ふと…メーター見てたら…オレンジの光。ガソリンが残りわずか。
そりゃそうだ。ここまでの走行距離は700kmを超えている。
麓に下りたらガソリンスタンドへ行こうと思いつつ…知床自然センターに到着。
c0060076_1088100.jpg

今回の旅のメインスポット。

…のはずだったんだけどねぇ。
天候のおかげで…全てのツアーが中止になっており、観光船も欠航。
知床の自然紹介映画(500円)を見て…資料展示を見て終了。
とにかく…熊に注意らしい。
c0060076_109648.jpg


自然センターを出て、すぐにウトロ漁港。
その近くのガソリンスタンドに寄って給油。売店のポスター見て…次の観光地決定。
c0060076_10114100.jpg

「オシンコシンの滝」
雨降っているだけあって、水量は豊富。
c0060076_10124059.jpg

ていうか、折からの強風で水しぶきが飛んで、カッパないとずぶぬれに。
c0060076_1014331.jpg

見てのとおり、この滝はそのまま海に流れてゆく滝で、知床八景、日本の滝100選にも選ばれてるのだそうな。

いい物を見たねぇ…なんて話しつつ、今夜の宿泊地「サロマ湖畔」をめざs…。
なんじゃこりゃ~。
運転中、ふとカーナビ様を見ると…国道334号線から国道244号線に掛けて、道がまっすぐ。
そりゃもう…すごく一本道。直進。
情報誌によると…北海道で2番目に長い直線だったらしい。その距離約20kmとか。
カーナビ様を操作して、広域表示にしたら…面白かったね。
実際の道も、上り下りは多少あるものの…本当にまっすぐ。思わず消失点を意識した。

網走から国道238号線に乗り換え、網走湖を左手に、続いて能取湖を右手に見つつ、道を突き進む。
残念ながら…JR網走駅を過ぎた辺りで夜の帳が下り、辺りは真っ暗。
今夜も宿の予約時間に間に合わなかった。
あと、個人的に楽しみにしていた「能取湖のサンゴ草群生地」も見れなかった。
んで、気づくとサロマ湖畔。まもなく宿泊地。どこかなぁ…と思うと「道の駅サロマ湖」の看板が。
確か…その隣だったと思い出しつつ…ひた走る。

…道の駅到着。
って、今夜の宿は…ここか。『海山美味の宿 サロマ湖悠林館
すげー立派。門にかもめの中の人サイズの提灯ぶら下がってるし。
どこぞの陣屋か?
フロントで確認すると…ここだった。本当に…一泊8k円しないの?と聞きなおしたいくらい。
夕食はホント豪華。オホーツクと近くの山のご馳走でした。
食い疲れるね。
食後、ぼやーっとしてたらデザートが。プチケーキ3個とコーヒー。
食べてボーっとしてたら…また来た。坊ちゃんかぼちゃのぜんざいと日本茶。
このぜんざい、器がかぼちゃです。ぜんざい食べた後に…器も食えます。
かぼちゃが甘くておいしかった。ぜんざいは甘さ控えめで…かぼちゃと一緒に食うと…とてもあう。
満足した後に、温泉に入る。もちろん泳ぐ。
ほぼ貸切。とても快適。さすが平日。
そして…今夜も更けてゆく…。

明けて3日目。
目が覚めると…まだ午前5時。
おし、行ける! っと、着替えてカメラと車のキーを持って外に出る。
さすがに冷える…吐く息も白い。が、やりたいことがある。
c0060076_1052105.jpg

サロマ湖畔から望む、日の出。
ちょっと感動。昨日までの荒天はどこへやら。一転して快晴。
いい日になりそうだ。
さてと、もうひとつの目的。サンゴ草の群生地見物。
本当は能取湖の群生地が有名なんで、そっちを見たかったが…サロマ湖にも何箇所かあった。
宿の人が言うには…今年はまだちょっと早かったらしい。
c0060076_10561027.jpg

まばらながら…赤いかわいらしいサンゴ草を見物。
c0060076_1059633.jpg

キムアネップ崎というところで見てきたけど…なかなかしっかりとした看板、説明板があってよかった。
c0060076_10592467.jpg


一通り遊歩道を歩き回って、宿に戻って朝食。
…朝から豪華なんですが。特に…貝汁。ホタテ稚貝を…20枚くらいかな。入ってます。
食後にロビーでコーヒーを頂き、さて出発と思って宿泊料を支払う。
出発時間を聞かれたので…8時半ですと言ったら…お昼のお弁当付でした。
シャケといくらの親子丼。あかん、ここに居付いてもいいですか?
c0060076_1144985.jpg

ということで、出発。いい宿でした。

サロマ湖を出発し、朝も早かったのでちょっと寄り道。
湖畔西側から突端の三里浜を目指す。そして到着。
c0060076_1328228.jpg

左手がオホーツクの海、右手がサロマ湖。
駐車場には我々のほかに先客が…北九州ナンバー?
ハイエースをキャンピングカーに改造して、一ヶ月掛けて北まで来たそうな。
ちょっと前に定年退職したばかりのオジサン。いいね、こういうのをしてみたい。

国道242号線。
途中、中湧別の道の駅で休憩。昔の汽車車両が静態保存されてた。
c0060076_1330197.jpg

ちょっとボロボロ。
さらに進み333号線へ、白滝というところからこうそk…?
c0060076_13344767.jpg

建設途中で中途半端なんで、無料開放してるのか。それ使って北見峠越え。
そこから国道273号線。上川からもう一度無料の高速を使って…下りるところ間違えて、比布ジャンクションから道央道まで入ったのもいい思い出。
旭川北I.C.で降りて、ちょっと行くと旭山動物園。
c0060076_13351931.jpg

今話題の動物園だ…ってことで来てみたが…平日にもかかわらず、すごい人。
ちなみに入園料は大人で580円。すごくリーズナブル。
まずは…ペンギン舎から…
c0060076_13375217.jpg

ペンギンの数より、列の流れを止め、そこに留まるおねぇちゃん達の方が多い。
c0060076_13392247.jpg

c0060076_13394981.jpg

ペンギンの素早さは相当なもの。デジカメじゃ追いつけません。
続いてアザラシ舎。
c0060076_13471687.jpg

ここもすごい人で、なかなか見所でベストショットが撮れませんでした。
ちなみに…このチューブは下の写真の一番奥側にあります。
c0060076_1349199.jpg

見所はチューブだけでなく、魚眼レンズのような小窓も面白かった。
アザラシが向こうに居ると小さいのに…近づいてくると、すげーデカイ。
続いてシロクマ舎。
c0060076_13515369.jpg

まず最初に水槽の中から泳いでいるところを見る。ずいぶん元気よく泳いでくれているんだけど…水槽の端から端まで行くわけではなく、同じ場所を行ったりきたり。
自然とそこに人が集まる。私は脇に避けて、ぼーっと見てたんだけど、ふとした拍子にこっち来た。おばちゃんと一緒に。
c0060076_13572733.jpg

後は…この日暑かった所為か、みんなぐったり。
シロクマカプセルから見たけど…
c0060076_1356941.jpg

ぐったり。

シロクマ舎を後にし、テクテクと山を登る。
この旭山動物園…本当に旭山という山(294m)なのだ。
行き着いた先は猛獣舎。
クマ、ライオン、トラなどが居たが…むしろこっち。
c0060076_10264590.jpg

本当に目の前で…ヒョウが寝てます。
指でつついたら…プニプニできそうなんだけど…つつくの禁止。
それから…こっちも。
c0060076_1028137.jpg

黒ヒョウ。カッコいい。
ちなみに…太陽の光が当たるとわかるんだけど…ちゃんとヒョウ柄が入っているのだ。
ただ黒いわけではないということが分かる、この近さ。大興奮だ。

んで、さらに歩くと…奥にオラウータンが居る。
c0060076_10295837.jpg

ちょうど『もぐもぐタイム』でえさやりしながら、オラウータンに関するレクチャー。
c0060076_10312771.jpg

ついでに名物の綱渡り。

つい最近オープンしたばかりのチンパンジー舎も行った。
c0060076_10324614.jpg

見せ方うまいけど、本当に動物のストレスってないのかなぁ?
c0060076_10332453.jpg

目の前でえさ食ってたり、毛づくろいしたりしている。
c0060076_10344977.jpg


そんなこんなで、一回りし…かなり満足した動物園でした。
こりゃリピーターの数が多いのも頷ける。
まぁ…なんか動物の種類はそんなに多くないけどねぇ。
サイはいたけど、ゾウは居なかった。

んで、旭川から国道12号線を走り、深川市に到着。
大学の後輩が住んでいるので、挨拶でもしていくかな…と思ったが、残念ながら留守。
福岡から持ってきた「明太子ふりかけ」を置いて、さっさとトンズラ。
またの機会に遊んでおくれ。

深川I.C.から道央自動車道で、今夜の宿泊地「札幌」を目指す。
北海道に来てから思うのだが…都市と都市の間が…遠い。
道路標識にも、かるーく90km先とか…150km先の地名が書いてある。
そう、深川から札幌までも…約100kmあるのだ。
ETCカード持ってきてて正解だった。ということで、夕方の通勤割引で高速代半額。
札幌I.C.を下りて、しばらく札幌市内中心部に向けて走行。
…一方通行か?道幅が広すぎじゃない?
とか思いながら駅前到着。ホテル前に同行人降ろして、ちょっと離れたとこにあるホテルの駐車場に入れようと思ったら…一方通行で…逆走しちゃった。
普通に考えて…あの道の太さで…一方通行はないだろう?
まぁ…右折する直前に…信号の上の右折禁止標識に気づいてしまった…我が身のおろかさよ。
とにかく…路線バスの運転手の機転のお陰で、難なく一回転して…何事もなくスタコラサッサ。
ホテルに戻って、一休みして…夕食に。
今晩は…クスイさんに教えてもらった『氷雪の門』というお店に。
黙々とカニ食ってました。
そりゃぁもう…写真を撮ることなく…黙々と。
今回は…5,500円のコースをチョイス。題名が面白い。
「タラバが先か、ズワイが先か」
なかなかのネーミングセンス。美味しくいただきました。
c0060076_974496.jpg

ごちそうさん。

帰りがけに…ちょっと提案。
ホテルは札幌駅前なので、地下鉄で2駅。その区間を歩いてみようと。
途中、大通り公園やテレビ塔、時計台なんかがあるもの…見て行かないと損だよね。
ということで、散歩スタート。
ちょっと歩くと…すぐに大通り公園。
あの「雪祭り」なんかで雪像が出来るところだよね! と見て回る。

…本当にここで作ってるの?

なんか、色々なものが公園内にあるので、本当にここで雪像作っているのかが信じられない。
花壇とか公衆電話ボックスとか…木も生えとるし…。
そのうち見に来てみるのがいいな。まだマイレージ残ってるし。
そして、そこから見えるテレビ塔。
c0060076_19112541.jpg

ライトアップされてました。

そして、見た人に聞く「がっかりスポット」上位らしい「時計台」は…
c0060076_19124615.jpg

そんなに「がっかり」しなかったというか…むしろこれくらいがノスタルジックな雰囲気じゃないのかな?
ベストショットスポットなる写真用の場所があったので、そこで撮ってみた。
結構いいと思うんだけどねぇ。どこが「がっかり」なんだろう?
c0060076_19153960.jpg

そして就寝。

あ、るっしーのブログにある「カツゲン」見た。
コンビニで見たけど…買わなかった。というか、買うの忘れてた。うっかりだー(棒読み
[PR]
by hassy21st | 2006-10-06 00:01 | 日々のつれづれ | Comments(0)

中部国際空港駐車場でお世話になった「かもめちゃん」 しばらくはこれで行く。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31