生きてます。

いやはや、前回の記事のせいで、落ち込んじゃってるように思ってる方、すみません。
しっかり生きてますし、あまりの忙しさに生きてる実感を感じまくってます。

さて、ここんとこの出来事を並べて見ましょうか。
c0060076_1135393.jpg




今年の夏は比較的、自分勝手にウロウロしてたりします。
花火大会もふたつ行ってみました。

ひとつ目は7月22日の「第35回みやま納涼花火大会
福岡県立山門高等学校近くの矢部川河川敷で行なわれましたが、川面を渡る風が涼しく非常にいい花火大会でした。
なんといっても…(大濠公園に比べて)人が少ない。
まぁ、花火大会も半ばには…交通路に人がたまってちょっと危険な状況になってたようですが。
じっくり1時間半…間近に上がる花火を堪能してきました。
ミュージック花火なんかもしてましたし…けっこう子連れでも、カップルでも楽しめるんじゃないでしょうかね。
ちなみに…穴場は山門高校より1kmほど上流側。
最後まで空間的な余裕はあったようです。
ちなみに…駐車場は無いようなので、公共交通機関を使って行くといいと思います。
…私は筑後船小屋駅前の筑後広域公園に停めましたが。(2kmくらい歩きます…夜道は暗く迷子の危険あり)

ふたつ目は8月6日の「夢 HANABI 2011
こちらは三井の方々がボランティアで作る花火大会でした。
前述のHPにおいて、駐車場の案内もしっかりされていて…なかなか好感が持てました。
(小郡文化会館の駐車場から20分ほど歩きます…)
宝満川の河川敷はあまり広くはありませんが、17時くらいから場所取りしても、余裕で座れます。
小郡運動公園はかなり広く、どこからでも見えるようです。
今回は橋の上流側、50mくらいのとこにカーペットを敷いて見てましたが…花火の燃えカス…というか灰?が降りかかるくらいの間近さで見ることができました。

「みやま」の花火は、協賛・提供の放送が花火のテンポを崩しちゃってました。
フィナーレあたりはボンボン上がるので楽しかったです。
「小郡」の花火は…協賛・提供の放送が少なく、プログラムがどんどん進みます。
ていうか、「みやま」の後だと、あんなに紹介短くていいのか…と心配になるくらいに。
どちらも1時間半ほどの開催でしたが、久しぶりに花火で感動しました。

と言う感じに夏を満喫しています。
次回は、職場関係の研修会について書いてみましょう。
[PR]
by hassy21st | 2011-08-12 01:15 | 日々のつれづれ | Comments(0)

中部国際空港駐車場でお世話になった「かもめちゃん」 しばらくはこれで行く。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31